現在の場所: トップページ / ニュースとイベント / 新製品リリース / SNAシリーズの革新的機能
SNAシリーズの革新的機能
リリース時間: 2024-06-20
ブラウズ回数: 118
SIGLENTはSNAシリーズの構成を最適化する革新的な機能を発表した。
競争が激化する今日の世界では、製造コストを削減しながら迅速かつ包括的な生産テストを行うことが企業の競争力を高める秘訣であり、コストを削減する鍵は既存のベクトルネットワークアナライザの構成を最適化することである。 2024年6月20日、SIGLENTはSNAシリーズの機能を材料テストとマルチポートデバイスに拡張する革新的な機能を発表した。 SIGLENT VNAのアップグレード性は、予算と測定要件を満たす適切な機能を選択し、ファームウェアをアップグレードし、新しいアプリケーションとテクノロジーを追加することで寿命を延ばし、テスト資産を最新の状態に保つのに役立ちます。

未来に向けた材料テスト
材料テストの課題
ミリ波(mmWave)周波数範囲のソリューションを開発する際には、材料測定が不可欠であり、材料の電気的または磁気的特性を提供することができ、これは多くの研究開発分野で有用であることが証明されている。 PCB、アンテナ、材料科学、マイクロ波回路設計、生物研究と自動車技術者、計測と研究機関は、電磁波の伝播に対する影響をよりよく理解して、より期待どおりの設計を実現したり、製品の品質をコントロールするために製造技術をテストしたりするために、様々な材料を特徴づけなければならない。 異なるアプリケーションからの同様の問題は、材料の誘電率と磁気特性を正確に測定するための継続的な需要をもたらした。

SNA材料テストソリューション
SIGLENTは全面的な材料測定ソリューションを提供して、実験室、製造と大学環境に最適で、SNAシリーズ精密機器、MT材料測定ソフト、KWR42A導波路校正キットを含む。 SNAシリーズのネットワークアナライザは、伝送/反射線法を自動化し、9kHzから26.5GHzの周波数範囲で固体材料の誘電率と透磁率を測定することができ、測定の完全性と経済性に優れている。 被測定材料は伝送路/導波路に挿入され、材料からの反射とMUTを介した伝送から材料の特性を推定する。 測定の背後にある原理は、サンプルを載せた伝送路の特性インピーダンスとサンプルのない伝送路の特性インピーダンスが異なることである。 ユーザーは、誘電特性を測定するために、材料の適切な測定と変換方法を理解する必要があります。 間違った方法を使うと、測定結果は満足のいくものではありません。 測定ウィザードでは、測定プロセスをガイドし、さまざまな形式で結果を描画します

高度なキャリブレーション
測定と変換方法だけでなく、正確さも重要な測定基準です。 精度は使用するキャリブレーション方法と変換方法に依存します。 SIGLENTは18 GHzから26.5 GHzの周波数範囲をカバーするKWR42A導波路校正ソリューションを提供して、全反射線(TRL)校正を行うことができる。 この方法は同軸測定誤差を補正する最も正確な方法を表しており、3つの簡単な接続方法を用いて測定設備誤差モデル中のすべての誤差成分を決定することができる。

電源をマルチポートデバイスに拡張する

マルチポートテストの課題
モバイル通信、マイクロ波集積回路技術の急速な発展とデバイス性能の要求の向上に伴い、小型化、コスト、重量、消費電力の需要はディスクリート部品の代わりに複雑なマルチポートデバイスを推進している。 多くのデバイスは、携帯電話のFEMモジュール、MIMOアンテナなど、さまざまな機能を1つのコンポーネントに統合しています。 機器の高度な統合と無線技術の広範な応用は、アンテナ、フィルタ、ケーブルなどの泛用部品の大規模生産を促進した。 で、マルチポートテストの需要が生まれました。

SNAマルチポートテストソリューション
コスト効率に優れたマルチポート拡張設計理念により、SIGLENTは柔軟で簡単な操作、キャリブレーション、および構成を提供します。 SSMは1つのユニットで出力ポートを24個まで拡張でき、容易に統合でき、自動テストシステムと生産ラインのシーンに大きく適応しています。 測定差動デバイス、高度に統合されたマルチポートデバイス、または複数のシングルポートデバイスのいずれであっても、ユーザー固有の測定ニーズに応じて異なるマルチポートテストソリューションを提供し、テスト時間を大幅に短縮します。 VNAのマルチポート測定機能により、テストスループットが向上し、デバイスのテストコストが大幅に削減されます。 典型的な応用には、アンテナ、データ変換器インターフェースの設計、検証と生産、無線周波部品と他のデバイスの自動テストなどが含まれる。
高度なキャリブレーション
マルチポートVNAテストシステムのキャリブレーションは、2ポートまたは4ポートVNAのキャリブレーションよりも時間がかかり、複雑です。 ユーザーは電子校正キットまたは機械校正キットを使用して校正することができますが、機械校正キットを使用して10ポートまたは20ポートを校正するのは非常に複雑に聞こえるかもしれません。 ECalは非常に便利な校正方法で、精度を維持しながらマルチポート校正を大幅に簡略化して、従来の機械校正キットの代わりに、一貫した校正結果を提供して、人為的な誤差を避けることができる。 SIGLENTは2/4ポート電子校正ソリューションを提供し、周波数範囲は9 kHz-26.5GHzである。 VNAの1つのポートとECalの1つのポートをそのままリファレンスとして、他のすべてのポートを一度ECalに接続して、すべてのポートの特性を表すことができます。 sパラメータウィザードを使用すると、キャリブレーションを実行し、必要なすべてのポートの組み合わせがキャリブレーションされていることを確認できます。

 
おすすめニュース
Siglentは4チャンネルSPD4000X DC電源を提供し、より高出力で、より広範な科学と工業アプリケーションをサポートしています SNAシリーズの革新的機能 SiglentはSHN900Aシリーズ手持ち式ベクトルネットワークアナライザによるポータブルRFテストの向上 SIGLENT、12bitオシロスコープを発表 -あらゆるベンチで信号忠実性の課題に対応 シグレントがPC用オシロスコープソフトウェアSigScopeLabの無料版をリリースし、データ共有とリモート分析を実現 SigIQProは信号生成をデスクトップにもたらす 相位ノイズ測定、ノイズ係数測定、パルス測定、Bluetooth変調分析、SSA5000Aファームウェアをアップグレードして、より多くの新機能を解除 SDS7000A シリーズ 4GHz、12ビット高解像度オシロスコープのリリース SEM5000A & SSU5000A & SSM5000A シリーズ:複雑なRFアプリケーションにSIGLENTソリューションを拡張 SHA850Aシリーズのハンドヘルドスペクトラムアナライザのリリース SNA5000Aシリーズのベクトルネットワークアナライザのリリース SDS6000Lシリーズのロープロファイルデジタルストレージオシロスコープのリリース RF機器のアドレッサブルな周波数範囲を26.5 GHzまで拡大しました SDS2000X HDシリーズの12bitオシロスコープのリリース SIGLENT Technologiesは新しいハンドヘルドオシロスコープを発売しました。 SIGLENT Release the new SDG7000A Arbitrary Waveform Generator
鼎陽科技顧客サービス電話
カスタマーサービス電話
400-878-0807
0755-36887876
鼎陽科技電子メール
Eメール
market@siglent.com
鼎陽科技公司住所
会社住所
深圳市宝安68区留仙三路
安通达工业园四栋